THE DAY

第5の特設ページ

2022/1/6 14:10pm

”kawaii”飛騨かわいスキー場で撮った写真をハッシュタグをつけて、ぜひSNSにアップしてください!公式サイトでシェアさせていただきます。ハッシュタグは「#飛騨かわいスキー場」でお願いします。

公式でシェア可能SNS:Twitter Instagram fecebook

第5ゲレンデ 速報

1/19ハイクアップ、、、

ネガティブなお願いはしたくないのですが、あえてお願いします。

第2ゲレンデの話なんですが、ハイクアップの滑走痕を確認しました。パウダーがあまりにも素晴らしいのでお気持ちは十分理解させていただいています。しかしながら安全面の確保は一切致しかねます。

また、週末までパウダーを貯めて開放するのは飛騨かわいスキー場の運営ポリシーであり、1週間分のパウダーはオフピステを愛する皆様の共有財産です。ファンの皆様のおかげでヴランド品にまで育ったと思います。

そして、私たちスキー場運営者にとって第2ゲレンデのバージンパウダーは、かわいのような県内最小級の弱々しい小さなスキー場運営を継続するために必要な収益を確保するための、とても大切な商品なのです。

重ねて申し上げます。パウダーには「鮮度」と「寿命」があり、それを体感したいお気持ちは理解いたします。しかしながら「勘弁してよ〜」と言うのが本音です。どうかよろしくお願いいたします。

1/16朝コース

スワンプコースに問題はありませんが樹木の着雪の落下にご注意ください。雪が非常に多く場所によってはパウダーが2m以上あるため、失速したの場合リスタートが難しいと思われます。ご自身の技術を十分検討の上入山願います。コケると本当に埋もれます。スワンプコースはコースの性格上、事故の責任を負いかねます。

クラックの幅が広くなりました。地形的な要因が大きいと思われます。今後の検討が必要です。

雪は完璧です。リフトの整備も13時を目指して順調です。この後、パトロールがコースチェックに入ります。

1/15第5パトロールコースチェック

1/15クラックについて

第5ゲレンデのドロップインエリアすぐ下に大きなクラックを確認しました。1/16はドロップインのエリアを大幅に制限する可能性があります。パトロールの規制に従ってください。

default

1/15第2のドローン撮影

今朝の第2を。

1/15運行について

1/14の大雪の影響でリフトの整備が追いついていません。1/15の第5は現実的にオープンいたしかねる状況です。1/16はオープンできる可能性がございます。最終判断は索道チームとパトロールチームが第5の試験運転を行いコースチェックをした後にお知らせします。

1/10クラックについて

2022/1/10 11:00am
2022/1/10 10:40am

1月10日の第5リフト降り場すぐそばの第5コース内です。約32度の急斜面のため、雪が緩むとクラックが発生しやすい場所です。パトロールが雪入れで対応しました。もうひと降り欲しいところです。

1/9クラックについて

2022/1/9 12:00am

1月9日の第5リフト降り場すぐそばの第5コース内です。約32度の急斜面のため、雪が緩むとクラックが発生しやすい場所です。パトロールが早急に雪入れで対応しました。

2022/1/9 1:30pm

1月9日のスワンプコースです。雪はしっかり固まりました。スキーで入るのにぴったりです。

2022/1/9 1:15pm

第5ゲレンデはモーグルバーンのようになっています。これはこれで楽しいです。

2022/1/8 1:45pm

第5コースチェック

スワンプコースチェック入りました。問題ありません。むしろ最高です!この東海地方でこのパウダーが楽しめるんです!

2022/1/7 3:00pm
2022/1/7 3:00pm
2022/1/7 3:00pm

<2022/1/7>

2022/2/6 14:30pm

<2022/1/6>

乗り場除雪開始

2022/1/5 9:00am
2022/1/5 8:15

8日の営業運行に向けて第5のリフト乗り場の除雪を始めました。

<2022/1/5>

第5ゲレンデ圧雪開始

2022/1/3 8:00am

第5ゲレンデの圧雪に入っています。第5リフトの乗り場からスワンプコースの下までの往復をノーカットでお見せします。20分の長尺なので早送りしてくださね。途中でボンバー(圧雪車)がパウダーに乗り上げて画面が上下し酔いそうなシーンがあります。お気をつけください。

<2022/1/3>

第5ゲレンデのご説明

第5がなぜ動かないのか?

第5リフトの状況をお伝えします。第5リフトでアクセスできる第5ゲレンデ(上部約500mオフピステ)とスワンプコース(約500mフルオフピステ)は、2021年秋にコース再整備(湧水処理と伐採)を行いました。現在コースにほぼ雪が着いた状態です。この様子をお察しいただきファンの皆様からたくさんのお問い合わせもいただいています。

しかしながら、まだ第5をオープンできていません。その理由はゲレンデではなく第5リフトにひとつの問題があるからです。それはリフトの座席から地上までの高度が最大13mあり、万一のトラブルの際にポール救助ができないからです。救助ポールの最大長は11mです。この2mの差を積雪が助けてくれることを前提としたリフトなんです。このことはこれまで積極的に公表されておらずお客様をモヤモヤした気持ちにさせてしまっていた原因だと思います。申し訳ございません。また第5リフトには万一のトラブル時の予備発電機がありません。よってトラブルがあれば必ずポール救助が必要なのです。

年末来の寒波によりリフト線下の積雪は確保できたと推測しています。この寒波が落ち着いたタイミングで徒歩で線下の確認に入ります。新雪を掻き分け、踏み固めながらリフト約550mの救助ルートを確実に確保するには数日かかります。それができたところで運転の開始日を正式にお伝えします。「もっと早くオープンできないのか」とのお考えもあると思いますが、国土交通省の安全規制を確保しながら運転するにはこれが限界です。

どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

<2022/1/1>

タイトルとURLをコピーしました